自動車がパンクしたとき自分でタイヤ交換するのか?と友人と話したことがある。私は自分でする派だが、その友人は「自分でタイヤ交換した車なんて安心して乗れない」と言っていた。最近クラウドコンピューティングの話が出るとこの時のことをよく思い出す。データをクラウドにアップロードして管理を他人に任せるのは不安と言う人も多いかもしれないけれど、自分で管理するのとプロに任せるのがどちらが安心かは考え方次第だ。
そんな話題のクラウドだが、クラウドと言う名の紙がある。見た感じは「雲」と言うよりは「壁」だ。表面はまだら模様で微妙な光沢があるので「石」のようにも見える。鉄壁の守りと石のように堅い信頼。コンピュータ関連の方の名刺やDMに如何だろう?

プロフィール
商品名:クラウド
発売年:1995年発売
メーカー:ダイニック
おもて面:まだら模様の壁紙のような柄。手触りはツルっとはしているがビニールのような微妙なねっとり感、模様にあわせてかすかに凹凸がある。
裏面:手を加えていない上質のような感じ、紙の色は心持ち乳白
用途:名刺、カード、パッケージ
説明:まだら模様を雲に見立てた商品名。