おりびな

レザック75 桃の裏

レザック75 1975年発売 特種製紙
幼稚園や小学校で「折りびな」を作ったことがある。ウチの子供達も小さい頃は折り紙で作ったおひなさまをもって帰ってきたりしていた。
「折る」と言うと折れた紙のようなエンボスパターンの紙が有る。レザック75だ。
手元にある古い資料には、

抄造の工程でトラブルがあってクシャクシャになったまま機械を通ってしまった。出てきた紙を伸ばしてみると案外良い模様なのでこれをモチーフにした。

と言うようなことが書かれてある。クシャクシャ折れた紙から製品へ導けると言うのは心のゆとりだろうか?何かに失敗した時、新たに挑戦するのは時がたてば、あるいは元気があればできるのだが、ちょっと視点を変えてみると言うのはなかなかできそうでできなかったりする。レザック75は開発者のゆったりとした優しい気持ちから生まれた紙かもしれない。
そんな特異なルーツを持つレザック75は裏面もおもて面と同じ模様になっている。おもて面の凹凸が比較的おとなしいのであまり表裏差を感じない。どちら側を使っても特に遜色なさそうだ。
他の紙でもおもて裏よく見てみると意外に裏側を使える紙がある。
レーザープリンターでおもて面へのプリントが上手く行かないときは裏が使えないか試してみて欲しい。ちょっと視点をかえるだけできれいなプリントができるかもしれない。