古紙配合率偽装に対するお客様の反応

中越パルプの「古紙配合率に関するご報告について」と特種東海ホールディングス東海パルプ特種製紙)の「弊社グループ製品における古紙配合率について」が、それぞれのWEBサイトにUPされて大まかなところはほぼ出そろった感じだ
これら公表された配合率に対する客様の反応はマチマチで、「偽装したメーカーの紙 は買わない」と怒りをあらわにする方も居るのだが、多くの人は冷静に受け止めていらっしゃるようで、どちらかと言うと一部の商品がSTOPすることによって紙の調達ができなくなることを心配されるかたの方が多いようだ。
また、「もともと再生紙として使ってない(たまたま選んだ銘柄が再生紙だった)ので引き続き使いたい。」という要望があったり、良い機会だから環境のことを考えて森林循環紙に代えるという会社もあり、こちらではそれぞれのお客様にあわせた対応をしていくことにしている。
紙屋と言う職業を離れて、紙が大好きな一個人として言うなら、再生紙としては問題を抱えているかも知れないが、うまれてきた紙達が紙としての役割を全うできるようにと願うばかりだ。そのまま再処理されて作り直すようなことになるとそれこそエネルギーのムダ使いだ。メンツや感情も分からなくはないが冷静で"大人"な対応を願う。
っと思っていたら今朝の新聞にコクヨの記事が掲載されていた。
日本製紙製の再生紙を使用した商品すべてを一時生産中止するものの、在庫については混乱を避け、供給することを優先して表示と実際の古紙配合率が違うことをユーザーに理解してもらった上で販売を継続するとのこと。
お客様重視の姿勢と、生まれてきた紙達を無駄にしないという心構えに感謝の気持ちと拍手を送りたい。